ランディングページはキャッチコピーが命

ランディングページにおいてキャッチコピーは最も重要なファクターといっても過言ではありません。その他の内容がどんなに素晴らしくても訪問客に見てもらえなければ商品やサービスの購入にはつながらないからです。訪問客のほとんどは最初に目に飛び込んでくるコピーを見ただけで自分にとって必要な情報か不必要な情報かを判断しています。

ランディングページを読み進めてもらおうと思うのであればユーザーの心に刺さる訴求力のあるコピーでなければなりません。

LP制作のキャッチコピーを決める際には二つのポイントがあります。

一つ目は訪問客にメリットを感じさせることです。インターネットで情報を検索している人はたくさんのページを訪れ、自分にメリットがないと感じたならばすぐにページは閉じられて次の情報を探し始めます。ページに留まってもらい読み進めてもらうためには一瞬で注意関心を引き付ける必要があります。

二つ目は訴求ポイントを強調することです。訪問客にとって最も重要となるポイントを伝えることで訪問客の関心を惹きつけることができます。LP全てを隅から隅までくまなく読む人はほとんどいないでしょう。「この訴求ポイントだけで売れる」くらいの気持ちでコピーを考える必要があります。

ランディングページのキャッチコピーが違うだけで売上が変わります。「数字を入れる」「不安を煽る」などさまざまなテクニックはありますが、最も大事なのはユーザーの悩みや疑問、願望を徹底的に調査して、一言で訪問客にとってのメリットと訴求ポイントを伝えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation