テストに基づいたランディングページ最適化

ランディングページにおけるA/Bテスト、多変量テスト、トータルエクスペリメンステストなどのテストをすることで、テストに基づくLPOを対策することができます。期限付きのテスト、期限なしのテストに対して適用は可能です。

A/Bテスト

A/Bテスト(A/Bスプリットランテスト)は”A” と”B”をテストするために必要です。自社のホームページ、商品の紹介ページ、FAQなど、サイト上に存在する各ページに対して、ひとつではなくいくつかのバージョンのページを用意しテストを行い、一番効果が上がったページに決定します。二つ以上の種類のページを準備することを明示的に示す場合、A/B/nテスト(A/B/n split testing)と表されることも。A/Bテストについてのデータは、コンバージョン率かクリック数を基に測定されます。

テストは順次に、または並行して行われる。
順次に行われるテストでは、多くある種類のWEBページが、一定の時間オンラインで表示され、テストされます。ランディングページの構成要素のテストに関していえばこのやり方が簡易的です。
並行テストは、通信回路が二つに分かれ、複数種類が同時期に表示される。テスト結果は時期により相当大きく変動することが起こりえます。バージョンの測定条件を多くし、信頼性のあるテストを行うためには、このテストはなるべく行わないほうが賢明である。

A/B テストのメリット                                  

  • 無料のツールがあるので、コストがかからず実現できる。また既存ページをテストに使えるのでコストはフリー。
  • 複雑な統計ではないため分かりやすく見やすく明快である。

A/B テストのデメリット

  • テストを行っている場合、キャンペーン、検索トラフィック、プレスリリース、季節性というすべての要因を実践することは非常に難しい。
  • ページの長所をみせる要素が多くあり、各種類により見せる要素が変わる場合は、信頼を得る結果を表示するのは難しい。

まとめ

ランディングページを成功させるにはある程度しっかりとABテストを繰り返さないとまず成約率は上がりません。頑張ってマメにABテストを繰り返しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation