フリーランスに作ってもらうランディングページの金額感ってどれぐらいが相場??

できるだけ安くLPを作ってもらいたいと切に願う人は、フリーランスにランディングページ制作を依頼するのがベターです。一般的な業者に依頼するときの相場より数割程度安くても、引き受けてくれる場合が多々あるからです。

フリーランスは高度な知識と技能の両方を持ち合わせていれば多くの利益を叩き出すことができるわけではなくて、自らが営業活動を行わなければなりません。その際に相場価格より高くも低くもない料金設定をしていると、開発者を大量に抱えた企業との顧客争奪で勝つことが難しいです。高く評価されるべき能力を持っていても、一人だけの影響力はそれほど大きくはありません。したがって、ランディングページを相場より安く受注することが当然のようになっているというわけです。

安くLPを制作してもらうときに危惧しがちなのが、高い品質のランディングページを納品してもらえないのではないかということです。しかしながら、LPの制作を安く引き受けたからといっても低品質の成果物が納品されることはほとんどありません。フリーランスは関わる全ての顧客を大切にしなければ、思いもよらない場面で信頼を失墜させてしまいかねないからです。雑な仕事ばかりしていると、その事実は瞬く間に広がってしまいます。

すると、成果物を受け取った顧客ばかりではなく良くない事実を知った見込み顧客までもが依頼しようと考えなくなります。結果として仕事が激減するので、価格を問わず手を抜くことはありません。

ランディングページはキャッチコピーが命

ランディングページにおいてキャッチコピーは最も重要なファクターといっても過言ではありません。その他の内容がどんなに素晴らしくても訪問客に見てもらえなければ商品やサービスの購入にはつながらないからです。訪問客のほとんどは最初に目に飛び込んでくるコピーを見ただけで自分にとって必要な情報か不必要な情報かを判断しています。

ランディングページを読み進めてもらおうと思うのであればユーザーの心に刺さる訴求力のあるコピーでなければなりません。

LP制作のキャッチコピーを決める際には二つのポイントがあります。

一つ目は訪問客にメリットを感じさせることです。インターネットで情報を検索している人はたくさんのページを訪れ、自分にメリットがないと感じたならばすぐにページは閉じられて次の情報を探し始めます。ページに留まってもらい読み進めてもらうためには一瞬で注意関心を引き付ける必要があります。

二つ目は訴求ポイントを強調することです。訪問客にとって最も重要となるポイントを伝えることで訪問客の関心を惹きつけることができます。LP全てを隅から隅までくまなく読む人はほとんどいないでしょう。「この訴求ポイントだけで売れる」くらいの気持ちでコピーを考える必要があります。

ランディングページのキャッチコピーが違うだけで売上が変わります。「数字を入れる」「不安を煽る」などさまざまなテクニックはありますが、最も大事なのはユーザーの悩みや疑問、願望を徹底的に調査して、一言で訪問客にとってのメリットと訴求ポイントを伝えることです。

通販・ECに特化したLPは構成が命。

何かを人に伝えなければならない状況下において構成が非常に大事と言われており、通販も例外ではありません。商品を効率的に捌いていくことを目的に活動するのなら、購入予定者が欲している情報を惜しげもなく提供するように努力することが必須です。

近年ではインターネット社会がますます浸透しているので、通販に特化したランディングページを保有する企業や個人は多くなりました。結論から言えば、彼らはLPによって多くの利益を得ていることがしばしばです。そのため、多くの成功者を生み出していると言っても過言ではないLPに頼りきってしまうことは大事と言えます。

通販に特化したランディングページにおいても、構成はこの上なく大切です。第一に意識しておかなければならないのは、世間で話題になっている商品を優先的に紹介することです。誰もが興味を持っている商品であるにもかかわらずランディングページの下部など目立たない場所で紹介していると、莫大な利益を掴み取る機会をみすみす捨てていることと同義です。

また、LPの構成で重要視しておきたいこととしては売れ筋ではない商品が魅力的に見えるように工夫することです。店長自らが使用感をレビューしてみたり、購入してくれた顧客から事後状況をヒアリングした結果を掲載するなどといった行動を取ることが肝心です。考えることなく商品が飛ぶように売れる可能性は限りなく低いので、販売店が試行錯誤を繰り返さなければなりません。

テストに基づいたランディングページ最適化

ランディングページにおけるA/Bテスト、多変量テスト、トータルエクスペリメンステストなどのテストをすることで、テストに基づくLPOを対策することができます。期限付きのテスト、期限なしのテストに対して適用は可能です。

A/Bテスト

A/Bテスト(A/Bスプリットランテスト)は”A” と”B”をテストするために必要です。自社のホームページ、商品の紹介ページ、FAQなど、サイト上に存在する各ページに対して、ひとつではなくいくつかのバージョンのページを用意しテストを行い、一番効果が上がったページに決定します。二つ以上の種類のページを準備することを明示的に示す場合、A/B/nテスト(A/B/n split testing)と表されることも。A/Bテストについてのデータは、コンバージョン率かクリック数を基に測定されます。

テストは順次に、または並行して行われる。
順次に行われるテストでは、多くある種類のWEBページが、一定の時間オンラインで表示され、テストされます。ランディングページの構成要素のテストに関していえばこのやり方が簡易的です。
並行テストは、通信回路が二つに分かれ、複数種類が同時期に表示される。テスト結果は時期により相当大きく変動することが起こりえます。バージョンの測定条件を多くし、信頼性のあるテストを行うためには、このテストはなるべく行わないほうが賢明である。

A/B テストのメリット                                  

  • 無料のツールがあるので、コストがかからず実現できる。また既存ページをテストに使えるのでコストはフリー。
  • 複雑な統計ではないため分かりやすく見やすく明快である。

A/B テストのデメリット

  • テストを行っている場合、キャンペーン、検索トラフィック、プレスリリース、季節性というすべての要因を実践することは非常に難しい。
  • ページの長所をみせる要素が多くあり、各種類により見せる要素が変わる場合は、信頼を得る結果を表示するのは難しい。

まとめ

ランディングページを成功させるにはある程度しっかりとABテストを繰り返さないとまず成約率は上がりません。頑張ってマメにABテストを繰り返しましょう!

気になる健康食品が見つかったら通販お試しを利用しよう!

testutkafa

testutkafa

体にいい成分は毎年のように新しいものが発見されていますが、サプリメントやドリンクなどの健康食品も毎年のように新しい成分をメインにしたものがどんどん登場していますね。リスティング広告や様々な広告、ランディングページでも化粧品・健康食品の通販広告を見ない日はありません。
メタボリックシンドロームや、がんなどの生活習慣と深い関係の病気の予防のために飲み始めようと思っている人や、普段飲んでいるサプリメントに含まれている成分の含有量がアップした新しい健康食品に乗り換えたい場合は通販のお試しサービスを利用するのがおすすめです。

ネット通販でサプリメントなどを買う時に便利なのが単品で購入するよりも安い価格で定期的に自宅まで配送されてくる定期便コースです。料金も長く利用すればするほどお得なのですが、初回だけでの解約はできない場合も多くいきなり始めるにはやや敷居が高めでもあります。

そんな時も、一か月だけのお試しサービスなら無料でその商品を体験できますから、自分に合っているかや効き目があるかどうかをまず確かめてから定期便コースに進めます。体質に合わないものや効き目がなかったものを解約できるようになるまで購入すると言った事態にもならないですし、無料の範囲内でやめることも可能ですから、気軽に利用してもいいのです。同じ種類のサプリメントを比べるのにも使えます。お試しコースから定期便への移行もスムーズにできるようになっているところがほとんどですから、その点でもお得ですね。

パソコンに向き合う仕事をしていると必ず関節が痛くなる。

日本人は病院好きな国民だといわれる。

たしかに、大学病院や総合病院のロビーの混雑ぶりをみれば、それも頷ける。

では、医師にかかるいちばんの理由はなんだろう。

おそらく、想像はつくと思うが、風邪である。さて、問題は2番目だ。頭痛、腹痛、皮膚疾患・・・・・・と、候補はいろいろありそうだが、じつは関節炎が「医師にかかる理由」の2番目にランクされているのである。

全米では8000万人もの人間が、なんらかの関節炎に悩まされていることは、すでに述べたとおりだが、この数は今後も増え続ける、と予測されている。2020年には50%増加するというのだから、これはもう、あきらかに国民病といえる罹患率だ。

目を日本に転じれば、現在のリウマチ患者の数は70万人。ごく初期の症状まで含めれば100万人が、その痛みに悩まされているとされる。さらには予備群が人口の1%にあたる120万人程度おり、毎年、1万5000人ほどが発症しているのである。

だから整体院がここまで多いのである。世界中を見ても日本の整体院の数は圧倒的である。更に技術力が高いからまたすごいのである。整体院ではリウマチ治療のプロがいる。彼の手にかかればリウマチは5回の通院で治してしまうというから驚きだ。

また、変形性関節症の患者も一説によれば1100万人におよび、両者を合わせれば、その数は膨大。関節炎は日本でも、国民病のレベルにあるといって間違いないだろう。

座りっぱなしのWEBデザイナー必見!いい医者と出会うコツ

誰しもがいい病院、いい医師と出会いたいと思っていると思います。いい医師とは “最高の医療”を身に着けている医師であり、患者本人が納得して選んだ医療をしてくれる医師のことではないでしょうか。 また評判のよい病院にかかっても、満足できる医療が受けられるとは限りません。医師に「おまかせ」の態度をやめる「参加型」に患者自身か変わることが、よりよい医者と出会うコツといえます。

米国の患者たちの多くは“自分の体は自分で治療する”という強い自覚を持ってるため、自分の病気や病状についてよく理解していますし、治療にも主体的に関わっているそうです。また、患者が積極的に治療に参加できるための環境づくりを病院も積極的に務め、医療者も患者のことを考慮しながら、治癒をめざして連携を図っています。このように患者と医療者が対等な関係で実践する医療のことを「参加型医療」といいます。

しかしながら一方日本では、長い間、医師の主導権のもとで医療が行われてきた歴史があるため、患者たちは“先生におまかせする”ことが常識のような感覚です。しかし、よい病院にかかりたいと望んでいます。口コミや病院ランキング本などを参考に病院を選んで受診さえすれば、満足のいく医療が受けられると思っている人が多いです。

しかし、満足のいく医療が受けられるかどうかは、患者が医師に対して自分の意見をいえるかということなのです。患者の意見をきくことにより、医師は患者にとって何が最良の方法かを判断します。そして最終的に納得して治療を決めるのは治療を受ける患者自身です。

よりよい医療を受ける、いい医師と出会うというよりは、いい医療をうけるために、まず患者自身が自分の行動を「おまかせ」から「参加型」に変えて行くことが必要なのです。そのためには医療者とのコミュニケーション能力を磨き、「自分の病気と治療法についてよく知る」という心構えを持つことが必要です。

さらに薬を処方された場合、薬の名前、なぜその薬が出されたのか、また、作用と副作用を、きちんと理解できるように説明してくれる医師がよいと思います。最近は自分が納得できない状況に遭遇したとき「医療ミスではないか」と、まず疑う人が増えていますが、わからないことを確認する姿勢が、医療者とのよりよいコミュニケーションを交わすうえでは大切であり、よい医療を受けられる第1歩となることでしょう。